コンセプト

家づくりに対する想い


それぞれのご家族に合った生活スタイルや趣味を楽しむ為にどうしたら良いかを考えて、一つひとつの相談に真摯に向き合って建築設計を行います。
施主様のライフスタイルは、それぞれのご家庭で色々な形があると思います。家づくりに求めるものは、同じものの無いそれぞれ違ったご要望だと思います。同じ住まいの悩みでもきっと家づくりプランは、違うはずです。そんな一人ひとりの要望に合わせた最適なプランを住宅のプロの建築士としての提案が出来るよう心掛けています。

また、自分の住む家だったらここは、どうしたら良いか?という考えを持って、施主様の大切な家づくりに関わらせてもらっています。もちろん、主役は施主様です。一級建築士としての知識と経験に施主様の要望やアイデアを加えて、お互いの共同作業で長年、家族皆から愛される住まいづくりをしたいと思っています。
家は、そこに暮らす家族にとって一番落ち着いて暮らせる場所であって欲しい。
多くの時間を過ごす人生の相棒のような存在です。そんな大切な場所だから、心地の良い空間を作りたいと思っています。永く愛せる事の出来る『自分達の暮らし方』に合った家づくりを一緒にしましょう!

素材へのこだわり

長く建築に関わる事でさまざまな素材の建材を見てきました。
それぞれの素材に一長一短があります。建材に限らず世の中に完璧な物など無いと思います。使う人それぞれの感じ方も違いますから尚更の事です。

そんな難しい素材選びですが。大切にしている事は、使い込んでいくことで『愛着の湧く素材』を使うという事です。
デニムやレザーのように使い込んで、定期的にメンテナンスを怠らなければ、とても良い雰囲気に経年変化し表情を変え、そこにしか無いオンリーワンの愛着のある自分達だけの大切なものへと変わっていきます。

例えば、住宅でいうと床板や壁、棚板などに本物の素材を使うことです。年月が経つに連れ傷や汚れがきっと増えていくでしょう。陽に焼けて色も変わります。本物素材なのでヒビが入ったりもします。でも、そのひとつひとつが既製品には表現する事の出来ない、とても味わい深いものへと変わっていきます。
そして、何よりも丈夫です。丈夫という事は、長持ちです。永く愛せる素材を是非、暮らしの中へ加えてみてください。

できることはやってみよう!

家づくりで大切にしている事の一つが、『自分達で出来る事はやってみる』ということ。そう、DIYの精神です。
自分の家の建築に関わるDIY。例えば、棚を作ってみたり、壁をペンキで塗ってみる。装飾品を取付ける作業だって、立派なDIYです。
先ずは、チャレンジしてみる事が大切です。実際にやってみると分かりますが、木工やペイントはとても楽しい作業ですよ!

どうしてもプロの職人さんの手際の良さや仕上りの綺麗さを見ていると、難しそうで自分には無理と思ってしまうと思います。
全くの素人でもゆっくり時間を掛けて丁寧にやってみれば思いのほか出来てしまうものです。完成度では、プロの職人さんには敵わないでしょう。
でも、自分の手で作った物にはとても愛着が湧きます。満足感もあります。きっと人にも自分が作ったんだと自慢したくなるでしょう。ちょっと位、雑な仕上がりでも気にならないはずです。逆にそれが、凄く良い雰囲気の味わい深い仕上りになります。

DIYなら、既製品に無いサイズの棚やテーブルを作れるという事が可能です。
実際にDIYが大好きな建築士からのアドバイスも出来ます。作業スペースが無くお困りの方には、ガレージスペースのレンタルも可能ですのでご相談ください。